基本的なカードローンの種類

カードローンはいつでも繰返し借入れや返済が可能な、使い道の自由度の高いローンです。例えば急な出張でお金が必要になった、事故や病気で生活費が足りなくなった、欲しいものがあってお金が足りなかった、その他にも色々な場面で頼りになります。

 

カードローンという言葉は同じでも、消費者金融と銀行ではいくつかの違いがあります。数あるカードローンの中から選ぶとしても、少なくとも消費者金融と銀行の違いだけでも知っておくと、参考になる部分は多いはずです。

 

 

消費者金融の特徴

消費者金融はカードローンを専門に扱っているだけあって、対応の早さや融資までのスピードが優秀です。インターネットや無人契約機から手軽に申込みができ、最短1時間程度での融資も可能です。

 

融資が早く、審査も通りやすいと言われている消費者金融のカードローンは、その分金利が高めに設定されています。消費者金融でお金を借りるのであれば、必要な分だけ借りて、早期に返済してしまうのが賢いやり方といえます。

 

また、消費者金融のカードローンは総量規制の対象です。過剰な借入れや返済不能のトラブルが起きないよう、借入総額は年収の1/3までという制限があります。その他、借入金額が50万円を超える場合には、収入証明書類の提示が必要となります。

 

金額を超えなくても審査の結果次第では書類が必要となる場合があり、大手で最短即日の借り入れにも対応をしているアコムの必要書類に関しても金額問わずに所得証明となる場合があります。

 

銀行の特徴

銀行のカードローンは金利が低く、最近注目されてきています。消費者金融のカードローンのデメリットである金利の高さをカバーできるので、低金利でカードローンを利用したい人に向いています。

 

金利が低いというメリットは、借入金額が大きい人ほどその影響も大きくなります。また、銀行は総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える金額の貸付けも可能です。総量規制の対象外な点と低金利な点を踏まえると、銀行のカードローンは多額の融資を希望する人に向いているといえます。

 

その代り銀行のカードローンは、消費者金融と比べると手続きに時間がかかる場合があります。審査に数日かかるような所もあり、本契約も店頭でのみ受付としている銀行も多いです。

 

また、消費者金融のように土日祝日、夜間も審査などの手続きに対応しているわけではありません。そのため、緊急にお金が必要だという人には、希望を満たさない可能性があります。

 

審査はどちらが通りやすいのか

一般的には消費者金融は審査に通りやすく、銀行は厳しいと言われています。ただし、実際の審査基準は公開されているものではないので、どちらが厳しいのかをはっきりと比較するのは難しいです。それでも、銀行よりは消費者金融の方が、審査に通りやすいという根拠はあります。

 

消費者金融は銀行よりも金利が高いです。金利は高い方が、審査には通りやすくなります。金利が高ければそれだけたくさん利息が入ってくるからです。カードローンで貸付けたお金は、100%回収できるという保証はありません。だから審査を行うのですが、金利が低ければそれだけ確実に貸付金を回収しなければならなくなるので、審査も厳しくなります。

 

もう1つの根拠は実績です。初めから個人向けの融資を生業としていた消費者金融は、貸付けと回収についても膨大なデータを有しています。銀行側からみて融資できるかどうかの判断が難しい顧客であっても、消費者金融なら融資可能と判断する可能性があります。

 

金利とデータの面から考えると消費者金融の方が審査は有利といえますが、例外もあります。消費者金融は総量規制の対象なので、年収の1/3を超える金額の貸付けは行えません。そのため多額の融資を希望する場合には、銀行の方が審査に通る場合もあります。

 

また、自分自身に収入のない専業主婦の場合、専業主婦借入れ可能な銀行のカードローンを選ぶという選択肢に限定されます。

 

銀行であれば様々な面で優れた借り入れが可能となるので、審査に通過ができる見込みがあるなら銀行で借りる低金利で人気のカードローンから見ておくべきです。審査通過が難しいと考えられるなら、消費者金融での借り入れを考えてみると良いでしょう。